オリックス銀行カードローンの審査と特徴<即日融資はできるのか!?>

オリックス銀行のカードローン詳細

オリックス銀行のカードローンの概要をまとめました。

【金利】

金利は業界最低水準年利3.0〜17.8%とありますが、3%にするためには700万円〜800万円までの利用限度額設定が必要です。
この場合年収が高くなければ利用できないと思いますので、実質はそれ以上の金利となると考えられますね。
一般的な100万円以下の利用限度額で考えると、12〜17.8%となるため他の銀行ローンと比べても低いとはいいにくいかもしれません。

 

【返済方法】

返済方法は月々7,000円から、30万円以下の借り入れの場合に利用できます。
残高スライドリボルビング方式のため、借り入れ金額により最低支払い金額が異なる方式ですね。
30万円を超えると1万円の返済額となるため、比較的月々の返済負担は少ないといえそうです。
ただし30万円の借入で月々7,000円だと考えると、純粋に元金だけ考えても43回払いくらいはかかる計算です。
これに利息がかかるとするといったい総額はいくらになるのか?月々7,000円のリボ払いはあまり現実的ではないかもしれません。

 

【借り入れ方法】

借り入れの方法はジャパンネット銀行を振込口座に指定すると、実質24時間の借り入れが可能となるようです。
この時間帯は平日、土日や祝日でも変わらないため、ジャパンネット銀行をお持ちの方にメリットが高いローンといえますね。

 

カードローンについて 

新生フィナンシャルの審査が通らないとダメ

オリックス銀行のカードローンは無担保、無保証人ですが、別途新生フィナンシャルの審査に通らないと利用することはできません。
新生フィナンシャルとはどんな会社なのか詳しく紹介します。

 

新生フィナンシャルとは新生銀行やレイクなどのローン信用保証業務をしている業者のことです。
つまり新生銀行の子会社が提携する銀行の代わりに保証を請け負う形となっているわけです。
オリックス銀行は新生銀行と提携しているといっても良いでしょう。

 

オリックス銀行のカードローンは、新生銀行やレイクと同等の利便性があるといっても良いかもしれません。
ちなみにレイクの場合は新生銀行が営業を行う金融業者で、金利は最大18%です。
オリックス銀行のカードローンと比べるとこちらが17.8%のため多少金利は低めとなっているようですが、その代わりレイクは無利息期間が180日間あるのが特徴です。
金利が低いほうがよいならオリックス銀行、はじめての利用で無利息期間を利用したいならレイクと使い分けるのもおすすめですね。

 

審査はオリックス銀行+新生フィナンシャルのWの審査が必要となるため、多少オリックス銀行のほうが厳しくなる傾向があります。
満20歳以上で安定した収入とありますが、他社の利用歴などがある方は難しい可能性もあります。

オリックス銀行カードローン利用の流れ

オリックス銀行の利用方法をまとめてみました。
審査には3日程度かかることがあるため、余裕をもって申し込む方法をおすすめします。

1.まずはネットで必要事項を入力の上送信します。
          ↓
2.受付メールが届くため、指定のURLをクリックの上確認を行います。
          ↓
3.その後審査が開始され、審査結果は電話やメール・書面で連絡されます。
          ↓
4.審査に通ったら本人確認のため自宅や勤務先へ電話確認します。
          ↓
5.ローンカードを自宅まで発送します。
          ↓
6.本人確認書類を提出しますが、メールに記載のあるURLにてアップロードが可能です。
          ↓
7.カードが届いたら利用限度額以内なら何度でも提携ATMにて利用できます。

 

利用方法の流れはこんな感じです。
振込口座を指定しておくと、ネットや携帯電話からの申し込みもできます。
振込み時間はジャパンネット銀行以外だと、平日の15時までが即日融資となるため注意しましょう。
それ以降や土日祝日は翌営業日になります。

 

ATMからの引き出しはオリックス銀行の支店はありません。
東京に本社を持つネット専門銀行のため、ATMは提携金融機関やコンビニATMになります。
都市銀行やゆうちょ銀行、コンビニATMが利用できるため多くの場所で利用できるといえるでしょう。
セブン銀行やローソンATMなら全国のコンビにでも利用しやすいと思います。